Archive for the '治療選択' Category

女性とうまく交際するためには包茎を治しましょう

男性にとって包茎は人に相談しにくい悩みであると言えます。
なぜなら包茎は男性器がまわりの皮に覆われてしまうというものであり、男性器についての相談は恥ずかしいからです。
しかし人に相談しにくいからといって、ずっと包茎をそのままにしておくのは得策であるとは言えません。
なぜならずっと包茎のままでいると女性と交際する時に不都合が生じてしまうからです。
具体的には女性と性行為をする時にうまくいかなくて女性に不快な気分を与えてしまうということです。
女性は男性と性行為をしてうまくいかない場合は自分に魅力がないと思ってしまい、とても傷つてしまい、男性と女性の関係も悪化してしまいます。
そのため女性とうまく交際をするためには包茎を治す必要があると言えるでしょう。
包茎を治す方法はいくつかの方法がありますが、一番いいのは包茎手術を受けることです。
包茎手術を受けることによって男性器が皮から剥き出しになるので、すぐに包茎を治すことができます。

包茎手術についての不安を解消し、行動に移しましょう

驚くことに、日本人の大多数の人が包茎なんだそうです。
この事実をどれだけの人が知っているのか、自分だけがそうであると誤認している結果、そのことに思い悩んでいる人には、ぜひともその事実を知っていただきたいと思います。
そして思い悩む問題の一つとして、その問題を解消する方法である包茎手術についての理解度の低さがあります。
確かにデリケートな問題であり、親しい間柄であったとしても、なかなか話題に挙げ辛い内容であるため、どうしても自分単独での判断を強いられてしまうようです。
しかし包茎手術について知ることにおいて、そんなに恥ずかしがる必要はありません。
医療施設に行けば、先生が丁寧に説明をしてくれますし、果たして行った方がいいのか、そのあたりの判断、アドバイスもしてくれるはずです。
そして実際に包茎手術ことになった場合も、先生の指示に従い、術後のケアを守りさえすれば、手術自体はそう難しいものではありません。
日帰りで事が済むほどなので、思い悩む日々を過ごしている方には、ぜひ行動に移すことをお勧めいたします。

どんな方法で行うの?

包茎手術はクリニックやドクターによって、様々な方法が編み出されていますが、そのベースとなっているのは日本美容外科学会で発表された亀頭直下埋没法です。
健康保険適用で治療できる泌尿器科での手術と異なり、美容外科の手術法らしく、見た目も美しく仕上げるテクニックが駆使されます。
傷跡がほとんど目立たず、泌尿器科で行ったときに気になるツートンカラーになることがなく、自然な仕上がりを期待できます。
手術時間は30分程度で済み、入院は必要ありません。
手術後は激しい運動や入浴が一定期間控える必要がありますが、基本的に普通の日常生活が送れます。
そのため、入院や術後の管理のために会社を休む必要もなく、周囲の人に気づかれずに、治療を受けることが可能なのです。
気になる方は土日に受けるか、1~2日ほど有休をとって、少し静養を入れるのもいいでしょう。
クリニックは忙しい男性にも気兼ねなく包茎手術が受けられるよう、土日の診療や夜間の診療を行っているところも多いのが特徴です。

Next »